3269 アドバンス・レジデンス投資法人

住居型
証券コード 3269
社名 アドバンス・レジデンス投資法人
市場 東証1部
上場日 2010.03.02
運用資産 住居特化型
主要物件 レジディアタワー目黒不動前、パシフィックロイヤルコートみなとみらい オーシャンタワー
決算期 1月・7月(配当金受領は9月・3月)
運用会社 ADインベスト・マネジメント
主要株主 伊藤忠商事・伊藤忠都市開発
公式サイト http://www.adr-reit.com/
資産運用会社サイト http://www.adim.co.jp/
Japan-REIT.com銘柄概要 http://www.japan-reit.com/meigara/3269/

2010年3月に当時最大の住宅系REITであった日本レジデンシャル投資法人と合併し、住居系REITではこのアドバンス・レジデンス投資法人が最大となりました。日レジに関してはパシフィック・ホールディングスの破綻が原因で、2010年2月24日に上場廃止しました。

合併による負ののれんを300億近くもっているため、分配金はものすごく安定しているという特徴があります。その割には分配金が他の住居系REITと比較しても全く伸びておらず、負ののれんはどう活用するの?という疑問があります。

4500円という分配金をキープしてきましたが、この分配金基準を下回ることはほぼないと考えることができるほどの負ののれんなんですが、株価が上昇してしまうと利回りがどんどん低下してしまって、投資の面白味がない銘柄です。

物件取得は住居系銘柄ということもあり、積極的に行っているのですが、繰り返しになりますが配当金への寄与がなかなかされないので、分配金で還元してほしいと思っている銘柄です。

資産運用会社はADインベスト・マネジメントで、この会社に出資しているのは、伊藤忠グループ、みずほ信託銀行、など有名な企業が多いです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク