3226 日本アコモデーションファンド投資法人

住居型
証券コード 3226
社名 日本アコモデーションファンド投資法人
市場 東証1部
上場日 2006.08.04
運用資産 住居特化型
主要物件 大川端賃貸棟、パークアクシス豊洲
決算期 2月・8月(配当金受領は5月・11月)
運用会社 三井不動産アコモデーションファンドマネジメント
主要株主 三井不動産
公式サイト http://www.naf-r.jp/
資産運用会社サイト http://www.naf-m.jp/
Japan-REIT.com銘柄概要 http://www.japan-reit.com/meigara/3226/

■三井不動産が組成する住居系?REIT

三井不動産といえば、REITの雄である日本ビルファンド投資法人を組成したことで有名です。三井ブランドはかなりの効果があるものと思われます。ちなみに三井不動産は商業系REITの立ち上げも予定されています。住居系REITと書きましたが、このアコモデーションという言葉がポイントです。

このAccommodateとは英語で「人に便宜をはかる」という意味があり、誰に対しての便宜かというと入居者に対してということです。 で結局なんなの?ということになりますが、賃貸住宅をはじめ、社宅、サービスアパートメント、シニア住宅、学生寮などが投資の対象になります。

とくにこれらが驚くべき投資対象ということはありません、既にこれらを取得しているREITもありますし、投資方針に記載しているREITは多数あります。とはいえ今回の上場時は全て賃貸住宅への投資となっています。レジデンス系の不振を緩和すべきネーミングなんでしょうか?

■メイン物件はリバーシティ21

東京都・佃にあります超高層住宅群を知っている方は多いと思います。バブル期に立てられた物件なのですが、このリバーシティ21がメイン物件になります。約300億円ということで、全REITのレジデンスの中で最も大きい物件ということになります。この物件だけで弱小REIT1個分以上というとてつもなく大きな物件ということになります。

■上場時には27物件1000億規模に

当然上記リバーシティがどでかいので、物件数が少ない割には金額が大きいです。例えばレジデンス系で大きいニューシティレジデンスは91物件で1600億ほどですから、いかに物件数が少ないかが分かると思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク