8968 福岡リート投資法人をまとめてみた!

総合型
証券コード 8968
社名 福岡リート投資法人
市場 東証1部、福岡1部
上場日 2005.06.21
運用資産 九州地域特化(商業施設中心)
主要物件 キャナルシティ博多・パークプレイス大分
決算期 2月・8月(配当金受領は5月・11月)
運用会社 福岡リアリティ
主要株主 福岡地所・九州電力
公式サイト http://www.fukuoka-reit.jp/
資産運用会社サイト http://www.fukuoka-realty.jp/
Japan-REIT.com銘柄概要 http://www.japan-reit.com/meigara/8968/
日本初の地域特化型REITです。US-REITにもこういった地域特化型REITというものがあります。いわゆる”地の利”を生かした運用になります。

福岡地所が商業施設系に強いというところから、商業施設中心になっていきますが、オフィス・住居など様々な”九州の”物件に投資していくという投資方針です。

福岡という都市のポテンシャルをどう見るかですが、福岡の人口は2035年ぐらいまで増加していくこと、九州の拠点ということで、周りの都道府県からの流入を見込めるという強みなどがあります。キャナルシティがポートフォリオで占める割合が大きく、配当金も安定しています。

またインバウンド(訪日客)が増加傾向にあり、キャナルシティ博多にとっては大きなプラス材料と言えます。

”地の利”を生かせる反面、投資家の判断基準となるべくデータ不足、あるいは地域分散リスクヘッジができないなど、というデメリットもあります。またポートフォリオの拡大ペースも緩やかなので、大幅な分配金の上昇が見込めませんが、上場以降の分配金は安定しているという特徴もあります。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク