8964 フロンティア不動産投資法人

商業施設
証券コード 8964
社名 フロンティア不動産投資法人
市場 東証1部
上場日 2004.05.17
運用資産 商業施設特化
主要物件 イオン名古屋ドーム前SC、ゆめタウン広島
決算期 12月・6月(配当金受領は3月・9月)
運用会社 三井不動産フロンティアリートマネジメント
主要株主 三井不動産
公式サイト http://www.frontier-reit.co.jp/
資産運用会社サイト http://www.f-reit.co.jp/
Japan-REIT.com銘柄概要 http://www.japan-reit.com/meigara/8964/
日本リテールファンド投資法人に続く、2番目の商業施設特化型REITです。

『JTとパイプライン契約を結んでおり、JTの閉鎖工場等遊休施設を優先して取得する権利を持っています。まちづくり3法(都市計画法とか大規模小売店舗立地法など)が影響して、JTによる商業開発中止ということがありました。要は商業施設の開発をしてはいけない地域があって、今回JT遊休地で開発ができなくなる場所もあるということです。』

このことが現実となり、スポンサーがJTから三井不動産へと変更されました。

それまではJTの外部跡地を利用した外部成長だったのが、今後は三井不動産から不動産取得のアドバイスをもらったり、施設運営管理ののノウハウ提供を受けます。平成21年をもって、JT物件は終了となります。また長期固定賃料が主流だった同REITですが、今後は売上歩合型賃料物件を取り入れたり、アウトレットモールの取得など商業施設特化REITとして様々な実験をしていくとのこと。

フロンティア不動産投資法人はJTとのパイプラインから三井不動産へ変わったことによって、より積極的な運用になりました。REITの雄である日本ビルファンドでも実績を作っている三井不動産。高配当を現在も、継続できています。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク