REITの「自社株買い(投資口買入消却)」が始まる?

12日、改正金融商品取引法が国会で成立したようです。これがなに?という感じなんですが、日銀のREIT買いと同じくらい興味を持ってみています。

以下は日経新聞より抜粋です↓

このため、金融庁は株式会社の自社株買いに相当する「自己投資口の取得」、すでに投資している投資主(株主に相当)に投資口を割り当てて増資する「ライツ・オファリング」を可能にする。資本調達手段を広げて、市場の信頼性を確保するのが狙いだ。

投資法人による自社株買い(投資口買入消却制度)を行うことで、投資口価格(株価)がキープされるというメリットに加え、1口あたりの分配金の増加にもつながるという・・・そんなうれしい話です。物件を売却して、その売却益を自社株買いに充てるなんて事も今後はあるかもしれません。

もうひとつのライツ・オファリング(ライツ・イシュー)は、すでに海外で行われている増資方法で、公募増資よりも希薄化が進まないというメリットがあります。資金調達方法に新たな方法が加わるというわけです。

ライツ・オファリングとは、時価より安い価格で購入できる権利を既存の投資家に無償で割り当てます。こういう仕組みなので希薄化が進まないのと同時に、リーマンショックの時のように資金調達がままならないような事態が発生した時にも、この手法は有効と言われています。

いずれも2014年末までに実施ということなので、このあたりが話題になってくれるといいのですが・・・今日のREITの上げはこれ?じゃないですよね・・・

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク