「お金の教養フェスティバル2012」に行ってきました!

お金の教養フェスティバル

ファイナンシャルアカデミー主催、お金の教養フェスティバル2012 が三軒茶屋の昭和女子大で開催されました。ゲストは野中ともよ氏、竹中平蔵氏、内藤忍氏、カンチュンド氏の講演で、いつもどおり無料での開催です。

野中ともよ氏

最初はどういう話かなぁ・・と聞いていると、SANYOで起こった話でした。SANYO立場での苦労というのは、想像を絶するのですが、お金は目的ではない、あくまで道具であるという話がとても印象的でした。今ではパナソニックの子会社になってしまったSANYOですが、eneloopの開発秘話や、インドの無電化村でのランタン配布など、SANYO時代とは違うイキイキした姿が印象的でした。英語の発音、さすがにきれいですな~

竹中平蔵氏

消費税増税について竹中さんは賛成なのかな?と思っていたんですが、今回増税したところで歳出自体が増えているのでその補てんでしかない・・・というのは、結構ショックでした。低福祉重税国家になる可能性があるってのも、ずいぶん暗い話です・・・

世界のリーダーたちが選挙で変わっていくと、経済が違う方向へ進んでいくという話もとても分かりやすく、難しい話を分かりやすく話をさせたらやっぱり日本一だな!って思いました。アメリカもオバマ&バーナンキでなくなると、円安に振れるとか、ドイツのメルケルが欧州危機で、動けないのは次の選挙を意識してのこととかとか・・・

2007年と今の株価比較の話も明確で、日本だけ当時の50%の株価って・・・・その理由を、日本は変な政策をしているからと言ってました。モラトリアム政策の期限延長、雇用助成金など、世界から見るとありえない政策がまかりとおっていると。

衆議院選挙の話、中進国の罠という言葉などなど、すごいです、ホント。こういう機会を無料で与えてくれるファイナンシャルアカデミーさんに感謝ということで・・・、考えてみるとかれこれ9年ぐらいこちらの会社にはお世話になっているんだよなー。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク