セゾン投信のセミナーに参加

セゾン投信 さん主催の投資セミナーに行ってきました。

場所は東京・九段下。

300名のところ1000名近くの応募があったらしく、私はこの手の抽選には当たらないのですが、今回は珍しく当たったようです。2部構成でして、さわかみ投信の澤上 篤人氏の講演1時間。その後パネルディスカッションということで、澤上氏、セゾン投信の社長・中野晴啓氏、コーディネーター   深田晶恵氏(株式会社生活設計塾クルー 取締役)の3名でさらに1時間という構成でした。

■澤上さんの講演
テレビでも一貫してバタバタしない、常に長期を見据えている澤上さんの講演はほぼ予想どおりのものでした。1900年~2050年の150年という、超長期スパンで景気変動を考えています。変わるトレンドと変わらないトレンドというものがあって、後者に関しては人口が増え続けるというトレンド、それに伴って欲が増えていく、社会が豊になるということです。

短期運用でレバレッジをかけてどんどん儲けていくところが全部はげ落ちてしまったが、それは変わらないトレンドには影響ない。日経平均は大変なことになっているかもしれないが、個別株で見ていけばそうでない企業もある。個別株投資が基本です。

マスコミが大騒ぎしているけど、それは過去30年間の価値観で専門家がいろんな事をいっているけど、今後は大きなトレンドで投資する流れになってくる。しかし短期運用でやってきた機関投資家が、そう簡単に方針転換できるものではない。

この間に動けるのは個人投資家、判断は自由だが、今投資のチャンスだとうずうずしている。

テレビ局もよく大慌てな局面でたまに澤上さんを出して、悲観的な流れを消そうとする時があります。モーニングサテライトなどでみる澤上さん、そのままでしたね。私の今回の目的は、投資熱が冷めてきた今、火をつけにいくこと。仕事モードから、脱出することでした。

ほったらかしのススメ

見出しのタイトルは、セゾン投信が主催するセミナーのタイトルです。

正直私の経験上、長期放置の投資で成功したのはREITぐらいです。しかもREITの認知度が低い時に買ったおかげで儲かっただけで、もし遅いタイミングで長期放置していたらえらいことになってました。

株やレバレッジの高いFXでは、本当にえらい目に会いました。

これらの経験から、”本当に放置できるものはなんだろう” という事を考えるようになり、このブログでもたびたび紹介している、『月光!マネー学』 で長期投資を実践に移しています。その中で紹介されていたのが、セゾン投信で口座開設に至ったわけです。国債を買ってみたり、現金を貯金しだしたりと資産防衛策をいろいろとやるようになりました。

手数料が格安なセゾン投信は、本当に長期投資してもらおうという意思が伝わってきます。そのセミナーですから、きっといいものが得られるんじゃないかと思ってます。来月中旬に参加予定です。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク